めまいは簡単に治せる|毎日飲むだけでいい

補聴器を利用する時の注意

医者

聴力が衰えてしまった人の為に使われることが多い補聴器ですが、補聴器は基本的に使う場所で聞こえ方が異なるので気をつけなければいけません。店内で試した時と家庭で使った時では感覚が違ってくるので注意が必要です。そのため、まずはレンタルを利用してみると良いでしょう。

もっと見る

補聴器のレンタル

看護師

補聴器の種類とレンタルについて

レンタルされる補聴器は、マイクロホン、増幅器、小型拡声器、電池等により構成される、基本的には音を大きくする小型増幅装置です。レンタルされる補聴器には大きく分けて、耳の穴の中に入れる耳穴型、耳に補聴器本体を掛ける耳かけ型、補聴器からコードを通してイヤホンで聞くポケット型の三種類があります。三種類ともそれぞれ長所と短所があり、耳穴型は、形が小型で装着していても目立ちにくいが、本体を耳の穴に入れるので耳垢のそうじをきっちりとする必要があります。耳かけ型は音を補いながらも通気口から自然音が入るため圧迫されている感じがしないが、耳の後ろは汗をかきやすいのでこまめに手入れをする必要があります、現在これらの取り組みとして防水タイプが主流になってきています。ポケット型は本体の操作を実際に手に取ってできて便利ですが、イヤホンが邪魔になるという点があります。現在、三種類の補聴器ともレンタルは可能です。レンタルされる期間は通常30日となってるようです。

現在の提供されるサービスについて

加齢による張力の低下はだれにでも起きる現象ですと。難聴の程度は、20デシベルより上が聞こえるのが正常であり、30デシベルとなると面と向かっての普通の会話は出来るが、小さな音や離れたところからの音が聞き取りにくい軽度難聴、50デシベルの、1メートルと離れると普通の声の聞き取りが困難になる中程度難聴、70デシベルの、耳元の大きな声は聞こえるが40センチ離れると普通の声が聞こえない高度難聴の三種類に分類されます。ただし体の体調によっては変動するので、レシーバや耳栓を交換することで、軽度から高度まで幅広い聴力に対応できる耳かけ型の補聴器がよくレンタルされているようです、補聴器を一定期間無料でレンタルしてくれるところもありますが、無料だと期間終了後断りにくいということで、有料の定額レンタルサービスがよく利用されているようです。

耳鼻科を受診する

最近では偏った食事や運動不足により、若い方でもめまいを引き起こしてしまう方がいます。困ったことに、めまいには前触れがほとんどないので、頻繁に続くようなら、近くの耳鼻科に行くといいでしょう。

改善できる

病院

耳が聞こえづらくなることを難聴といい、耳に症状が現れる場合があります。しかし、補聴器を付けることによって改善することができるので、安心することができるでしょう。

もっと見る

注意しよう

ドクター

現代では若い方でもイヤフォンを使用することで耳が聞こえずらくなってしまう場合があるのです。そして、難聴は手術などで治すことが難しいので補聴器を利用するといいでしょう。

もっと見る